TAKEO MABOROSHI TERMINAL

2016.11.24

MABOROSHI FESは武雄の夢を見た:FES前夜レポート

text_SHUN TAKEDA


 

「武雄でタイコクラブ」というキャッチフレーズのもと、武雄温泉保養村で開催された入場無料の野外音楽フェス<MABOROSHI FES by taicoclub>。Ametsub、Licaxxx、Linn Mori、TOYOMU、田我流などのアーティストが出演する人気フェスのスピンオフイベントということで、開催前から様々な音楽メディアで取り上げられた。
 
一方SNSなどでは「なぜ佐賀で?」「しかも武雄?」と言った声も散見されていたこのイベント。では実際、会場では何が起こっていたのか。祝祭前夜の武雄温泉街から振り返ってみる。

 


 

夜の帳で遊歩する、祝祭前夜

 

このプロジェクトを通じて通い慣れ、福岡空港からスムーズにたどり着けるようになった武雄温泉街。MABOROSHI FES前夜の2016年9月25日土曜日21時。現地に到着すると、明日のフェスに向けて開催されていると聞いたイベントはすでに半ば終わりかかっており、到着した時にはいつもの通り町は闇に包まれていた。

 

それでも目抜き通りには、オレンジ色の光に照らされて歩いている人影がちらほら。旅館・京都屋の入口では、日向地鶏とドイツビール、グリューワインを出す屋台が組まれている。早々に地鶏は売り切れてしまい、プレッチェルとともに出されたドイツビールをいただいた。
 
29886218272_fc987c9949_k
 
当館のご主人によれば、同時開催されている肥前エリアをシャトルバスで周遊するイベント「ぐるぐる肥前」にあわせ、この武雄温泉街で3泊されたお客様もいるそう。確かにいつもに比べ、夜の散歩を楽しんでいる観光客の姿が目に入る。彼らの足取りを少し追ってみよう。
 
29916741181_7b27a2ca58_k
 
29999590715_fba646a4bf_k
 


 

洋菓子、昔羊羹、イノシシベーコンなど名物の並ぶ夜

 
29965785806_c1079c6def_k
 
有田でも店をかまえる洋菓子店・グーテは、ちょうど店じまいの支度をはじめたところ。ここでも名物のクッキーが売り切れていた。ビールを片手に訪れた我々の「何かおつまみになりそうなものあります?」という野暮な注文に対して、出してもらったのがチーズクラッカー。チーズとごまが香ばしいこちらを咥えながら町歩きを楽しむことにしよう。
 
29965787066_61d76b7f6d_k
 
つづく糸や呉服店では、くつした2足500円の文字。店の前ではガールズトークに花を咲かせているご婦人が2人。このあたりから、すこし町がいつもより浮足立っているように感じはじめた。
 
29916737281_c5c848c6d9_k
 
「今日はコンサートに行く予定だったけど、やめにしてお店にいたのよ」と話しかけてくれたのは、さつき茶屋のお母さん。お茶はもちろん、佐賀名物の昔羊羹も人気の一品だ。

 

武雄の街角にはその場所に応じたイメージで描かれたアートが点在しており、記念撮影を楽しむことができる。当店のウィンドウガラスに描かれているのは、茶屋のイメージから傘。その前で茶目っ気たっぷりにパチリと一枚。
 
29916734751_a44636bdce_k
 
続くカフェ喜蔵で、すこし腰を下ろしてこれからの過ごし方を考える。出していただいたのは、ハイボール。そして、イノシシの肉で作ったベーコンとソーセージだ。野趣あふれる風味と甘い脂を感じながら、それをハイボールで一気に流し込む。
 
29916733491_f5fd7445db_k
 


 
爆音の中にこぼれ落ちる笑みと、テキーラ

 

明日からはFESがはじまるわけで、それを楽しみにしているだろう音楽好きの若者はどこにいるのだろうかと考えた。彼らに出会いたくて、武雄のHEADSが集まるクラブ・GET FUNKに足を運ぶ。
 
温泉街を抜け市役所方面に出ると、スケートボードを抱えた若者が路上に集まっていた。そう記すと何やら素行のよくない若者がたむろしているように聞こえるかもしれないが、そんな淀んだ雰囲気はない。この夜をもう少しだけ続けたい。そんな素朴な気持ちが伝わってくるようだった。
 
29965781196_2e5b7e470f_k
 
GET FUNKの中に体を滑り込ませると、壁いっぱいに積まれたスピーカーが下腹部に重低音を響かせる。クラブに出向くにはまだ早い時間だったが、すでに何人もの若者が全身でリズムを刻んでいる。日本人だけでなく外国の方もちらほらうかがえ、この町の多様性を現しているようだった。
 
29916732251_7bd9a526c7_k
 
明日に向けての取材できている、ということを伝えると、マスターのミノルさんがテキーラを振る舞ってくれた。一息に飲み干すと、溢れんばかりの笑みを返してくれる。何度かそんな歓待を受けていると、次第に心地よい酔いが頭に上ってきた。ステージ上から何度も「明日は保養村でMABOROSHI FESが開催! みんな現場で会おうな!」と呼びかけられる声を浴びる。明日の光景を想像しながら、体を揺らし続けた。

 

CLOSE

ABOUT TAKEO MABOROSHI TERMINAL

 
TAKEO MABOROSHI TERMINALは佐賀県武雄市の歴史や伝統工芸の文化、自然豊かな景観の魅力を再発見しながら、未来の世代へと伝える人々を育む、創造的なまちづくりプロジェクトとして2016年に発足しました。

 

1300年もの歴史ある温泉街を有する武雄市街の北部のから、自然あふれる武雄温泉保養村の位置する南部を本プロジェクトのメインエリアとして、西九州の歴史・文化・自然が交差する環境が持つ様々な魅力を通して生まれていく武雄の瞬間を切り取って伝えます。