TAKEO MABOROSHI TERMINAL

2017.10.20

クリエイター滞在プログラム「MABOROSHI STAY」2017年度 参加クリエイター決定:そだきよし氏

「TAKEO MABOROSHI STAY」2017年度参加クリエイター決定
佐賀県武雄市のクリエイター・イン・レジデンス「MABOROSHI STAY」の長期滞在型プログラムである「ロングステイプログラム」では、2017年9月より参加クリエイターの募集を開始。2017年度の参加クリエイターとして、石版画家のそだきよし氏が選出されました。
 
ーーロングステイプログラムとはーー
滞在期間 1週間〜3週間、交通費実費(上限あり)と日当が1日3,000円支給されるプログラム。
武雄温泉に開設されたレジデンスに滞在し、地元住民の交流会(自己紹介プレゼン有り)への参加、滞在の様子をWEBに寄稿、活動企画案の実行等の活動を予定しています。
 

「TAKEO MABOROSHI STAY」2017年度 参加クリエイター プロフィール
 

石版画家 そだ きよし
 
福岡県のリトグラフ(石版画)作家。ベルギー、フランス、アメリカ、韓国など国内外で幅広く活動。石に直接、線を描き水と油の反応を利用した作品を制作。一瞬可愛いが、怖さ・残酷さもあり、独特な世界観を魅力的に表現する。第11、12、13回青木繁記念大賞、TOKAY GECKO AWARD 2006、2003グランプリなど受賞多数。
・そだ氏のプロフィール http://g-recolte.com/area/artist/kiyoshi-soda/
 
■滞在期間(予定):2017年11月1日~20日
※クリエイターとの交流会を予定しています。詳細は追って当ウェブサイトに掲載いたします。
 
今年度の滞在テーマは「伝統産業の窯業に新しい命を吹き込む創作」。
ロングステイプログラムに参加するクリエイターには、伝統産業である地元の窯元と一緒に、武雄の歴史を
踏まえながら新しい試みとなるコラボレーションを行っていただく予定です。

 
最新情報
TAKEO MABOROSHI TERMINAL facebook
 
そだきよし 武雄 イベント クリエイター アート
そだ氏の作品:ハシビロコウ

CLOSE

ABOUT TAKEO MABOROSHI TERMINAL

 
TAKEO MABOROSHI TERMINALは佐賀県武雄市の歴史や伝統工芸の文化、自然豊かな景観の魅力を再発見しながら、未来の世代へと伝える人々を育む、創造的なまちづくりプロジェクトとして2016年に発足しました。

 

1300年もの歴史ある温泉街を有する武雄市街の北部のから、自然あふれる武雄温泉保養村の位置する南部を本プロジェクトのメインエリアとして、西九州の歴史・文化・自然が交差する環境が持つ様々な魅力を通して生まれていく武雄の瞬間を切り取って伝えます。